記事一覧

いつかどこかで書かなければならないことなので・・・

BVH#052_20180106
(家族のいとこ・・・今月誕生日で18歳になったとは到底信じられない小柄さ💦)


昨日、文末にちょこっと書いたように今日のフィリピンは独立記念日*で祝日。
私が今住んでいるやや南の町**でも朝7時から式典が予定されていて対境政策部からお声がかかりしょうがなく参加することに。


もうちょっと寝てたいところをこらえて普段通り朝7時前に外出。朝7時には参加者のほとんどが集まっているのだが一向に始まる気配がない。しばらくして「あのー、本日の式典なんですが警察官の到着が遅れていまして8時から開始でお願いします。」とのアナウンス。これが俗にいう“フィリピン・タイム”。イベントが予定通りに始まることなどめったにない。ここに3年半近くいてオンタイムに出ってた自分が情けない・・・もっとだらだらすればよかったわ。


結局8時前頃に開始。町会議員らも集まる。


今働いている会社はこの町では一番の大会社(なにせ、納税額ナンバーワン)であり、製品の関係上、排煙や汚水などで環境に負担をかけ、近隣にご迷惑をかける場合がある。そんな事情もあって対境政策の活動は目立たないけどかなり重要なポジションを占めている。町長に会いに行ったり、いろいろと便宜を図ったり(賄賂などではありませんよ。道路など修繕のための寄付ですよ、寄付!)、そのほかいろいろと根回しがあったりとかね。日系企業がビジネスをやっていくには、誠意を見せなければならない。もちろんその誠意とはお金のことでございます💦。

こういう大事なイベントであるがこいたん殿(愛すべき私のボス、人事総務部担当副社長)、他の殿方は丘の上のコンドからわざわざ降りてくることもなく、日本人は私のみ(ていうか、参加者全体でもだと思う💦)。政治的どろどろなどと一生縁ないわ、見たくもないわと思っていたのに、なぜか異国の地で時折かいま見せられている。ほんとにこんなのことくらいバカ殿たちの悪知恵でさっさと片付けてほしいと思う。


フィリピン国歌はメジャーキーでかつ跳ねていてかなりかっこいいと思う。

マイクの調子がよろしくないようで声が途切れ途切れになるのにいちいちいらついているオカマ***の司会者が面白かった。
あと町会議員がスピーチ中に放った「今なお、私たちは精神的には何かに隷属しているのではないでしょうか」という言葉がなんとなく引っ掛かった。

*:今年でスペインから独立から120周年だそうです。
**:町の名前は私の個人特定に直結するので言えませぬ
***:オカマって言い方はひどいかもしれないけど、彼らは男が好きな人ではなく女になりたい人なんです。だからあえてオカマぶって女の子に近づこうとする輩もいるのです(くだらない)。あとひっきりなしにしゃべているし、突然歌いだしたりするし、大変うるさい。動物って感じ。
自分も性倒錯者といえば性倒錯者なわけで、差別発言をしたいわけじゃないけどね。バイヨット(ビサヤ語で“ゲイ”)は好きになれないなぁ。ジャンル外のような気がするのよね。

OTHR#01_20180612
(式典で撮った英雄ホセ・リーサル像。とりあえずとった感満載の画像💦)

式典は結局一時間足らずで終了。(まぁ、こんな短時間のために殿方に丘の上から降りていただくのも恐縮なわけですが)


市場の方をぶらっと歩き、散髪をすることに。本当に質素な散髪屋さんでヘアドレッサーなどない、“切ります!”って感じのお店。悪くなかったけど切った髪の毛がどんどん服の中へと侵入しかゆくて困ったよ


午後から本職であるフォトグラファーの店だし。新しいレンズをカメラにつけてその辺ぶらぶら。


今日は非常にいい天気でこれならどこでとっても露光は問題ないわと思っていると案の定、やんちゃな高校生どもと出くわし、彼らの思うがままポーズをとらせシャッターを切り、ロケーションとしてふさわしいという場所に連れられて行く。


(いい写真をとってもらおうと、シャワーを浴びたり何着か服やサングラスを用意したり、その辺の努力が大変かわいい)
(ここでは海側の人は大胆だがシャイ、山側の人は物静かだが物おじしないという法則がなりたってそうなのだが、これは日本でもあつまるのか・・・?)


個人それぞれのリクエストに散々お応えした後、みんなで撮った写真がこちらでございます。

OTHR#02_20180612
(個人写真の共有はまたいずれ・・・)

やっぱりフィリピンの男の子はかわいいねぇ。女なんかよりもずっとね。


ただこいつがうっとうしいのは「早く、編集して!、早く、送って!」って口々に言われること。遠慮がない!
撮影が終わった夕方4時半からかれこれずっとラップトップに向かっています🔥




さて私についてショタだの、少年愛者だの、児童ポルノだの、変態だの、犯罪だの、ペドだの、鬼畜だの、売国奴などと思われる、言ってくださる方がいると思います。
どうぞ好きなようにしてくれればいいと思います。自分も好きなようにしますから


フィリピン少年たちに自分がどのように接しているか、どのような関係性を気づいているか、このブログを読んでいただければ十分と伝わると思います。(バカ出向者の文句ばっか書いていますが)


少年にしろ、少女にしろ、男、女、動物それが何であれ愛する対象に会ったとき、人は少なくともどこか“しゅっ”とすると思う。愛するものとの間にある距離に気が付くんだと思う。付き合いたいと思う女をいきなり殴りつけて服はいだりしないでしょ。困らせるような行為をはたらこうとはしないでしょ。もしそうしてしまうならその人は“病気”です。


僕は病気ではないと自分で思っている。愛する者との距離を埋めていく手段として写真がある。


Comments

Post a comment

Private comment

Visitor Counter

Welcome!

Profile

Gaskey=Filipino(がすきー・ふぃりぴの)

Author:Gaskey=Filipino(がすきー・ふぃりぴの)
写真ブロガー
海外で気ままに暮らしたくて日本を飛び出したのに結局、日系企業で出向者の御用聞きで日銭を稼ぐ会社の犬。かみつくこともできないのでここで吠えて(ぼやいて)いる

一眼レフ/ニコン/50㎜レンズ

Latest comments

Calendario

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly archive